2010年05月29日

川村博士の視力回復法”ジニアスeye 川村明宏のトレーニング レーシック 子供 簡単に 安全 アップ




詳細はこちらをクリック





■目が悪くなる原因をこう思ってませんか?





「パソコン、テレビなどの見すぎ」




「本や教科書、資料などの読みすぎ」







もしあなたがこんな風に思っているのであれば、



大きな勘違いをしています。







実は、眼の使いすぎで視力が低下するということは、




基本的に、殆どありません。







本当の視力低下の原因として考えられるものは以下の2つです。







 ● 運動不足による眼筋(眼球を動かす目の筋肉のこと)衰え



 ● ストレスによる眼球の血行不良








視力低下にはこのような原因があります。



しかし日本人はこの事実をほとんど知りません。







身のまわりの人に聞いてみてください。



「眼が悪くなる原因を知っていますか?」と。








するとほとんどの人が、



「テレビやインターネットのしすぎでしょ?」



と答えるでしょう。







でも真実は違います。



目の使いすぎで視力が落ちるのではなく、




使っていないから落ちるのです。







この事実をふまえ、もう少し具体的に説明していきます。







あなたの手や足が、筋肉によって動かされているように、



眼にも筋肉があります。




そして、人間の体というものは、使わないと衰えていきます。







もしあなたが、長期の入院をしたことがあるのなら分かるはずです。



ずっと寝たきりでいて、ある日突然、走ろうと思っても



足が全然動きません。








それどころか、歩くのもままならないでしょう。



だからリハビリというものをするのです。







子供のころ運動会で、いつだって陸上部やサッカー部などの人が



活躍していましたよね。



それは彼らが、毎日体を動かしているからです。








普段、速く走るための筋肉や、



重いものを持ち上げる筋肉を使っていない人が



彼らに勝てないのは、ある意味当然のことです。







眼に関しても例外ではありません。



眼筋を動かしていない人は視力がどんどん衰えます。








こういった事実は考えてみれば当たり前ですよね。



「使うものは鍛えられ、使わないものは衰える」







こんな当たり前のことなのに、眼の筋肉に関してだけ



人は逆の発想をしてしまいます。








多くの人は勘違いをしていて、



「使いすぎるから衰える」という発想になってしまっているのです。







そうではないということが、あなたにもご理解頂けたと思います。







この事実を知りながらも、まだ誤解している人も多いようですが、




「長時間のパソコンなどが原因で視力が低下した」というのは、



目の使い方に問題があるからなのです。







正しい目の使い方をしていれば、どれだけ長い時間、



目を使っても視力は下がることはないのです。








低下するどころか、使えば使うほど“眼筋”が鍛えられ、



短期間で視力は回復していくのです。






あなたも、短期間で簡単に視力を回復させませんか?





⇒ 続きを読む












ひと足先に、視力を回復し、メガネやコンタクトから解放された方より、



喜びの声を多数頂いてます。





ぜひ参考にしてみてはどうでしょうか?⇒ 実践者の声はこちら














このサイトは、14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye 川村明宏のトレーニング レーシック 子供 簡単に 安全 アップなどの情報を公開しています。



















サトウ式耳鳴り・難聴・めまい改善術 佐藤信雄 治療 改善 病院 口コミ 掲示板 教えて
1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法~自宅トレーニングセット・メールサポート付~ 田中謹也 手術 効果的 眼科 口コミ レーザー 原因
三起均整による膝痛解消プログラム 筒井朗晏 関節 サポーター 靭帯 痛み止め 軟骨 治療方法
posted by gfdfsgf at 04:01| Comment(0) | ジニアスeye 川村明宏の | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。